決算の例外

休眠会社の決算

休眠会社の決算

休眠する方法

税務署、都税・県税事務所、市役所へ届け出をする。

休眠会社に赤字が残っている場合、7年間は赤字が発生した年から赤字を繰り越すことが可能です。
ただ、確定申告書を毎期続けて提出しなければなりません。

また活動休止後、7年以内に活動再開する可能性がある場合も、確定申告を提出し続ける必要があります。
2期連続で期限後申告をしてしまうと、青色申告が取り消されてしまいます。
ここは期限内に申告を済ませるべきでしょう。

休眠会社の決算は必要か?という問いに関しましては「必要」と答えております。
会社が活動していなくても、法的に存在する限り、税務署、都税・県税事務所などへの申告する義務があります。

そのため、休眠会社でも決算申告は必要となります。

無料相談を実施! メールでのご相談はこちら。 お電話は土曜日も担当スタッフが対応しています。0120-396-964