決算の例外

赤字決算

赤字決算

今期は業績が下降して赤字決算になりそうだというとき、あなたならどうしますか?

売上を架空で上げてしまう、、、在庫を少し水増しする、、、
はい、この方法で赤字の圧縮は可能ですが、まぎれもない「粉飾決算」です。

そこで、正当な方法で赤字を回避することはできないか?について見ていきましょう。

赤字はシンプルに考えると、売上より経費の方が多かった、ということです。
であれば経費を削減することで、赤字を減らすことが可能となります。

ではいったい、経費削減のために何に注意すれば良いのでしょうか?
下記、決算書の項目を見ていきます。

  1. 預借率
    借入金・割引手形に対する現金預金の割合です。
    他の項目で経費を削減したり、現状では借り入れを減らすなどの対応が必要です。
  2. 売掛金の回収日数
    1日の売上高に対する期末の売掛金残高の割合です。
    売掛金の回収に必要以上の時間をかけないようにします。
  3. 在庫日数
    1日の売上高に対する期末の在庫額の割合です。
  4. 借入金対売上高比率
    売上高に対する借入金の比率です。
    借入金の金額が適正かどうかを判断します。
  5. 損益分岐点売上高
    販売や管理にかけたお金を取り戻すのに最低限必要な売上高を知って、目標にします。
  6. 現金預金余裕月
    1カ月の販売費および一般管理費に対する現金の手許有高の比率を表します。
  7. 限界利益
    売上総利益が売上全体に占める比率です。
    1つの項目に経費をかけすぎていないか、経営が健全かどうかを判断します。
  8. 1人あたりの月間労働者人件費
    人件費が多すぎると固定費の増加や売上総利益の圧縮につながります。
  9. 人件費あたりの限界利益
    限界利益を稼ぐのにどのくらい人件費がかかっているかを見る指標です。
  10. 役員給与推移
    役員給与が増えているか、減っているか、また支払われているか、未払いかを把握しましょう。
  11. 仮払金推移
    通常、会計処理後に仮払金が残っているのは不自然です。
    早急に内容の究明に努めましょう。
  12. 貸付金推移
    定期的に誰に貸しているか、返済の見込みがあるかをチェックします。

この項目を見直すことで、経営の現状を正しく認識することができます。
そして経費を削除すべきところと、多少経費をかけなければならないところなど、明確に分かりやすくなるでしょう。

無料相談を実施! メールでのご相談はこちら。 お電話は土曜日も担当スタッフが対応しています。0120-396-964