知って得する決算申告

融資・5つの指標

融資・5つの指標

「融資」とは銀行などの金融機関から必要なお金を借りることです。

そこで事業の展開の仕方、会社の規模に応じてメインバンクが必要になります。
小さな会社が大きな銀行と付き合っても、あまりメリットがありません。

売上規模が1億~5億円なら地銀・信金。 5~10億円以上の売上規模の会社なら都銀をメインバンクにしても良いでしょう。

ちなみにメインバンクとは、“自社に資金が必要になった際、最大限にバックアップしてくれる銀行”のことです。
メインバンクから融資を受けるには次の5つの指標が大事になってきます。

  1. 使途
  2. 財源
  3. 保全
  4. 期間
  5. レート

1.使途

「使途」とは、“融資されたお金の使い道”のことです。

融資は銀行にとって当然リスクのあることなので、慎重になります。
貸し出す会社のお金の使い道は、銀行にとって非常に気になる内容です。

ここで注意したいのは、もし融資がおりたとしても、事前に伝えていた使途通りと異なる使い方をしてしまったとき。
これは銀行側は確実に怒ります。

お金で困っている友人が「ご飯代を貸して」といってきて、実際に貸してみるとパチンコ代に使っていた。
これは誰だって怒りますよね。

最悪の場合、銀行は契約違反として全額回収に回る場合もあります。

本来の使途通り、融資を正しく使うことが鉄則です。

2.財源

「財源」とは、“借りたお金をどうやって返していくのかの内容”のことです。

売上か、それとも利益で返済するのか、またそのための計画の実現性は高いのか、を銀行は判断します。

銀行にとってもこの判断は難しいのですが、過去3期分の決算書の自己資本を参考にしたりします。
ここで「経営計画書」などを決算書にプラスして、“未来の財源を視覚化”するのもひとつの手です。

最近、個人において年収の1/3以上の貸し出しはNG、のように総量規制がでましたが、銀行も似た基準をもっています。
銀行においては、法制化されていませんが、法人に対して売上の何%以内、利益の何%以内と基準をもっており、それを元に融資額の判断をします。

3.保全

「保全」とは、“担保”のことです。

銀行はもし返済ができない場合、ということを常に考えています。

担保となる土地があれば、それだけ借りやすくなります。
また土地がなくても社長の個人保証をつけようとするのは、保全のためです。

以前は、信用保証協会の保証がついてくれば、ほぼ保全は確実になったとみなされていました。
ただ最近はこの状況が変りつつあり、一部の銀行では、保証協会が承諾しても融資が断られるケースが発生して、専門家への相談が増えています。

4.期間

期間は、1年以内なら「短期」、1年超なら「長期」となります。

初回取引の場合、銀行は短期で貸したがります。
手続きが簡単で済むからです。

ただ会社としては長期で融資を受けた方が当然、資金繰りが安定します。
長期の場合、本格的な手続きである「証書貸付」の方法がとられるのが普通です。

証書貸付は、会社と保証人の署名・捺印が必要で、それぞれの商業登記簿謄本と印鑑証明書の提出など、短期融資と比較すると明らかに煩雑な手続きが必要になります。

ただ長期で借りておくことが、銀行取引におけるセオリーです。

景気など外部要因で業績が悪化することもあり、思わぬ事態において安心です。
また、長期融資を受けるだけ銀行から信用をいただいている、ということでもあります。

5.レート

「レート」とは“金利”のことです。

短期の金利は高く、長期の金利は低くなります。 そのため銀行は短期で貸したがります。

銀行からあらゆる条件を考慮に金利の提案をされます。 これをそのまま受けるのではなく、多少の交渉をするぐらいの気概は必要です。

銀行は金利の条件を出すとき、「0.25」を1つの単位として使ってきます。 もし3%の提案をされても、「2.75%に下がらないか?」と交渉しても銀行から嫌がれることはないでしょう。

以上の5つの指標のうち、特に重要視されるのが最初の「使途」「財源」「保全」です。 この3つを明確にすることが一番難しく、逆にこれがクリアにできることで融資の通る確率がグンとあがります。

無料相談を実施! メールでのご相談はこちら。 お電話は土曜日も担当スタッフが対応しています。0120-396-964